時間は有限であり命だと気づいた私の時間の使い方3ルール

MIND

こんにちは、奥山です。
「人生時計」ってご存知ですか?人生を1日に置き換える考え方です。あなたの人生は何時過ぎですか?ちなみに私の人生時計は13時過ぎです。これは人生の時計で確認できます。

人生時計でも分かるように、時間は有限です。お金は無限に手に入りますが、時間には「命」という上限があります。どんなにお金を積んでも、どんなに健康に気を配っても、200歳まで生きるのは無理です。火の鳥の血でも飲まない限り。

時間は刻一刻と失われていきます。時間を大切にしない人は「命」を大切にしない人。もし自分の命である人生を大切にしたい、幸せな人生を全うしたいんだっ!と思うなら、時間を大切にする方法を知ることはとても重要です。

この記事では、時間を大切にするために効果的な3つのルールをお伝えします。

時間は有限。時間を大切に生きるとは?

時間を大切に生きるとは、お金より健康より人間関係より時間を大切に生きるということ。以前は私も時間の大切さを知りませんでした。特に20代のころは。平日は遅くまで仕事。土曜も出勤。疲れ切って帰宅すると、日曜は泥のように眠り、気づいたら夕方・・・

会社に人生を捧げる日々の繰り返し。

友人と遊んだり、どこかに出かける気力も湧かず、体もガリガリ。恋人もいないし、仕事をこなすので精一杯。そんな灰色の時間を送っていました。人生を、命を大切にしてなかったんです。

しかし、30代になり時間が大切なことに気づいてからは、チームで仕事を分担し、残業しない仕組みを作りました。その結果、仕事が終わった後に余力を残せるようになりました。夜は同僚や友人と交流する機会が増え、休日はテニススクールに通ったり、ウォーキングしたりと健康にも気を使うようになりました。ビジネスセミナーなど外の世界を学ぶ時間もでき、起業もできました。それも

時間が一番大切なんだと気づいたから。

おかげで今はライフデザイナーとして活動。自宅やカフェでリラックスしながら、好きな時間にクリエイティブな仕事に打ち込める環境は、サラリーマン時代と180度変わりました。

有限な時間を大切に生きる3ルール

そんな私が心がけている時間の使い方3ルールを紹介します。

やらないことを決める

時間は有限です。真面目で優秀な人ほど周りの人に頼りにされるるので、色々な頼まれごとが増えます。本人も「期待に応えよう」と100%で頑張ります。その結果、やることが増えすぎて

どれも中途半端に。

私の経験ですが、できることが増えると、助けられることも増えるじゃないですか。職場でも「私で良ければ、お手伝いしましょうか?」とか続けてたら、みるみる時間が消えていったんです。相手に喜んではもらえます。しかし、会社からは評価されない。越権行為なので。そのことに気づいてから、自分の職務以外はやらないことに決めたんです。その結果、評価も上がり昇進できました。

脱サラした時も同じ。やらないことを決めました。最初にテレビを片付けました。脱サラ当時はオリンピックを放送していて、とても見たかったんです。なぜなら私は小さい頃からオリンピック好き。特にロス五輪のカール・ルイスとベン・ジョンソンの100m対決に衝撃を受けて以来、30年欠かさず見ていたんですが、片付けちゃえばもう見れません。

本当にやりたい事をするために、やらないことを決めましょう。

ワクワク度90%未満はやらない

ビジネスである程度の結果を出すと、色々な話が入ってくるようになります。儲け話やパーティのお誘いなど、どれも一見魅力的なものばかり。しかしすべて参加していたら時間が足りません。かといって信頼できる方からのお誘いは断りにくい・・・ですので断る基準を決めましょう。それが「ワクワク度90%未満はやらない」です。

例えば、ネットサーフィンはワクワク度60%なのでやらない。同僚との飲み会はワクワク度40%なので行かない。海外旅行はワクワク度95%なので行く。などです。

自分なりの基準でやらないことを決めると、時間を確保できます。基準は90%がオススメ。厳しいほど時間が確保できるので。

本当にやるべき行動に集中する

時間を確保したら、本当にやるべき行動に集中しましょう。私も脱サラした時はテレビをしまい、ネットサーフィンも封印。食事は1週間分買い込み、ひたすら無料レポートを書いてました。正しい方向で3ヶ月頑張った結果、82万円の報酬を手にすることができました。

最後に

この記事を最後までお読みのあなたは、真面目で優秀で優しく、能力の高い人だと思います。そんな人こそ3つのルールで自分の時間を大切にして欲しい。なぜなら時間は命だから。

命を大切に幸せな人生を歩みたい場合は、まずは以下に参加してみてください。

→ e-Book歴代ランキング1位を獲得した8章450ページ初心者向けアフィリエイト教科書『アフィリエイト大百科』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧